Tangled Up in Blue & Red
link

DISPLAY
link
chptr22:

yotecoさんはTwitterを使っています: “絶対何かの罠だろ http://t.co/3h8AhZz9rp”
link
メモ取らなくても出来るヤツもいるだろうが、本当に出来るヤツはメモを取る行為を見せる重要性をわかってる
link
link

k-nakama:

井上房一郎邸…。

実は、この家は、
名作住宅の、
そっくりそのままの、コピーです…。

オリジナルは、
アントニン・レーモンドの自邸…。

この家を建てた、井上房一郎という人と、
建築家レーモンドの関係についても、
いろいろと、お話はあるのですが、
それはまた、別の機会に…。

ともかく、
1951年、
当時建ったばかりの、
レーモンドの自邸を訪ねた井上房一郎は、
その設計をとても気に入り、
図面の提供を受け、さらに、大工に実測をさせ、
翌1952年、
東西は反転していますが、
そっくりそのままのコピーを、
設計者公認で、建ててしまったというわけです…。

中に入ってみると、
建物を支える丸太が、
むき出しになっています…。

元々は、戦後まもなく、
材料不足の時代の工夫として、
安価な足場用の丸太を剥いて、組上げる手法が、
レーモンドによる、
この表現のはじまりだったのだそうです…。

ただ、
その直截さ、単純さ、経済性など、
レーモンドが大切にしていた建築の原則が、
非常によく表現されていたためか、
その後も多用されることになり、
今では、このスタイルは、
「レーモンド・スタイル」、
なんて呼ばれるようにもなりました…。

建物の真ん中辺りには、
屋根の架かった、
中庭(パティオ)があり、
庭に向かって、
大きく開かれています…。

庭の自然を、居住空間の一部、
と考えていたというレーモンド夫妻は、
しばしば、ここで食事をしていた、
といいます…。

実際、
レーモンドについての本を見ると、
必ず載っている、
ここで食事をしているレーモンド夫妻の写真があります…。

両側は、建物に囲われ、
透明な素材の屋根が架かり、
その先には、庭の緑が見えるパディオで、
テーブルについて、夫婦で食事をしている、
大層気持ちがよさそうな、いい写真です…。

外観も、落ち着いていて、
和風な感じもありながら、
どこか、モダンな感じもあります…。

レーモンドの事務所に、
在籍していたこともある、
前川國男の自邸なども思い出されます…。

ここに、
日本の、木造モダン住宅の源流の一つがある、
ということなのかもしれません…。

実は、
このレーモンド自邸のコピー、
この井上房一郎邸以外にも、
もう一軒あるのだそうです…。

日本住宅公団による名作団地、
今ではなくなってしまった阿佐ヶ谷住宅の設計に関わり、
レーモンドの事務所にも在籍していたことのある、
津端修一さんの自邸が、それです…。

オリジナルの、レーモンド自邸の方は、
今では残っていないのですが、
2つのコピーの方は、現存していて、
その雰囲気を今に伝えている、というわけです…。

こんなかたちでの、
名作住宅の保存のされ方というのも、
アリかもしれませんね…。

http://knakama.seesaa.net/article/388077076.html

link

pepelie:

森田涼花

link

pepelie:

森田涼花

link

(Source: adnis)

link
933 :彼氏いない歴774年:2011/10/03(月) 11:50:17.36 ID:08AVCg5M

バイト先でゴミ箱を片付けるために上半身だけ屈めてたら
お客さんに「おっ!姉ちゃんいいお尻してんね!」と言われたので
「はい、おかげさまで!ありがとうございます!」と適当に返したら
休憩入ってからイケメンの後輩に「あんな返ししてるからモテないんですよw」と言われて
尻の時よりもどう返したらいいのか分からなかったので
仕方なく「そこに気付くとは…やはり天才か」って言ったら
イケメンが飲んでたQooアップルをだいぶ激しく噴き出して
「喪女さんほんとツボっすwそういうとこ好きですよw俺と付き合ってみません?」と言われ
なんだかんだ付き合うことになり、恋落ちスレに経緯を書き込む

みたいな妄想をしてたら午前中がこんなに過ぎてた
そもそもバイト先にイケメンの後輩なんていないし、自分バイトもしてなかった
あといいお尻でもなかった
しにたい
link

韓国では「良心的兵役拒否」は認められていません。代替服務制度もありません。応じなければ、刑務所に1年間入れられます。また、韓国社会では徴兵に行っていないと、就職が難しいという問題もあります。徴兵を拒否することは社会的な死を意味します。

韓国では、2000年ごろから徴兵拒否をする人が増えてきました。イラク戦争に韓国軍が派兵されたこともその背景にはあります。

今年の4月には、徴兵された20歳の若者が、床に吐いた唾を舐めさせられるなどの陰湿ないじめを1ヶ月以上にわたり受けた果てに、先輩兵士に執拗な暴行を受けて死亡しました。6月には、徴兵された21歳の若者が銃を乱射し5名が亡くなるという事件が起きました。彼はいじめを受け、いわゆる”逆ギレ”状態で銃を乱射したそうです。軍隊内でのいじめ自殺も多く、毎日のように自殺者が出ています。
そのような軍隊内の生活がどうしても嫌で入隊前に自殺する若者も少なくありません。

いじめだけでなく、軍隊生活は24時間の”奴隷制度”です。給料は日本円で月に1万円くらいです。徴兵中は携帯電話の所持も禁止され、インターネットもできず、外部との連絡も取れません。外部との接触を遮断することによって人間関係が軍隊だけになり、一層陰湿ないじめに結びつきます。

現在徴兵を拒否して刑務所にいる韓国人は約800人、全世界で兵役拒否で投獄されている人は約970人です。徴兵拒否者として投獄されている人の9割を韓国人が占めています。1945年以来、1万6000人以上のひとが刑務所に入れられてきました。